「SHOの、Power Automate Desktopで電卓を操作してみる」


Microsoft Ignite 2020でWinAutomationの後継として、Power Automate Desktopが発表されました。

早速、実際にプロセスを作成してみたいと思います。

今回操作してみるのは電卓です。
電卓で1+1の計算をさせます。

操作の流れは
 電卓を起動する。
 「1」をクリックする。
 「+」をクリックする。
 「1」をクリックする。
 「=」をクリックする。
です。

それではサクッといってみましょう。

Power Automate Desktopを起動します。
「+新しいフロー」を選択します。
フロー名に名称を入力(今回は「電卓を操作する」)し、「作成」ボタンをクリックします。
電卓を起動させるために、「アクション」→「システム」→「アプリケーションの実行」を選択し真ん中にドラックアンドドロップします。
アプリケーションパスに「calc」入力し、「保存」をクリックします。
ここで電卓が起動するか、実行してみます。
「実行」をクリックします。
実行中の画面です。「一時停止」や「停止」をすることができます。
無事に電卓が起動できてます。
次に電卓の「1」「+」「1」「=」をクリックする部分を作成していきます。
「アクション」→「UIオートメーション」→「フォーム入力」→「ウィンドウのUI要素をクリックする」を選択し真ん中にドラックアンドドロップします。
初めに「1」をクリックする動作を作成します。
「UI要素」のドロップダウンリストをクリックし、「新しいUI要素の追加」をクリックします。
追跡セッションウィンドウが表示されます。
電卓の「1」にカーソルを当てると赤枠で囲まれますので、Ctrlを押しながら左クリックをします。
追跡セッションに「1」が登録されました。
UI要素に「1」が登録されました。これで電卓の「1」がクリックされます。
「保存」をクリックします。
次に「+」をクリックする動作を作成します。
再度「アクション」→「UIオートメーション」→「フォーム入力」→「ウィンドウのUI要素をクリックする」を選択し真ん中にドラックアンドドロップします
「UI要素」のドロップダウンリストをクリックし、「新しいUI要素の追加」をクリックします。
追跡セッションウィンドウが表示されます。
「1」と同様に「+」を設定します。
「1」「+」と同様に「1」「=」も作成します。
すべて作成すると上記の画像のようになります。
すべての操作の登録が完了しましたので、実行してみます。
実行は1つのアクションごとに行われます。
電卓で計算することができました。

今回は電卓の操作をPower Automate Desktopを用いて行いました。

日本語化されていますので、簡単に作成することができます。




株式会社 ASAHI Accounting Robot 研究所

ロボットはロボットの得意な業務をヒトはヒトにしかできない業務を。 」


Robo研では、WinAutomationを利用したシナリオ(ロボット)の開発支援や、自動化・効率化対象業務選定の支援、開発担当者育成支援も行っております。
まずはあまり難しく考えず、「これロボットでできる?」とお気軽にご質問ください。
Robo研社員により、親切・丁寧にご回答させていただきます。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。


お問い合わせはこちら
ブログ記事一覧