「SHOの、WinAutomationでPower Automate Desktopのアクション一覧を作成してみた」


WinAutomation は2021年12月末日をもってマイクロソフト社のサポートが終了いたしました。
後継製品として Power Automate for desktop がリリースされており、ロボ研では WinAutomation からの 移行を含め、導入支援、自社開発サポート、受託開発を行っております。
詳細はこちら

WinAutomationの後継として、Power Automate Desktopが発表になりました。

どのようなアクションがあるのか気になりましたので、一覧化しました。

た だ し 、
ただの手打ちでは面白くはありませんので、

WinAutomationでPower Automate Desktopのアクションの構造を読み取り、文字列を抜き出して一覧を作成してみました。

手順としては
WinAutomationで
Power Automate Desktopのアクションをコントロールに登録し、
WinAutomationの「Get Detail of Element in Window」アクションで文字列を読み取り
Excelに出力していきます。

WinAutomationの強みとして、
しっかりとアプリケーションの構造解析をして、
UIから文字列を取得できるのは、かなり便利な機能といえます。

あさひ会計でも動いているロボットも
アプリケーションの一覧(グリッド)などから文字列を取得し、Excelに転記する
ということもやっております。

以下が取得したものになります。
(一部、手打ちしちゃいましたが、ご了承ください。。。)

以上、ご参考までに。




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate を利用したフローの導入・運用・開発支援、
Power AppsなどのPower Platformを活用した効率化・自動化支援、Power Automate for desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate for desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍 ◆

Power Automate for desktop(Power Automate Desktop)や RPA に関する書籍を出版、監修しております。