「SHOの、Robinで電卓を操作してみる」




前回、Power Automate Desktopを用いて、電卓を操作し、
「1」「+」「1」「=」を計算を行いました。

今回は同じ操作をRobinで行ってみたいと思います。


画面を操作する場合は、事前に対象となるアプリケーションのコントロールを取得します。

Robin UI Spyを起動します。
「Add control」をクリックします。
Tracking Sessionが表示されますので、前回と同じ要領で「1」を登録します。
登録したら、「Done」をクリック。
(他のボタンも登録しておきます。)
登録ができたら、ファイルを保存します。


calc.appmaskが出力されます。
Robin Editor を起動します。
こちらにコードを記載していきます。
コードとしては、
Robin UI Spy で作成したコントロールを読み込む
電卓を起動する
各ボタンをクリックする
になります。



実行する際は、「Run」をクリックすると、Checkが走り、問題がなければ、実行されます。

非常シンプルな構成になっていますので、
コードになれてしまえばこちらでの作成も簡単にできるのではないでしょうか。

ただし、Winautomationとアクションを比較すると使用できるアクションに違いがありますので、注意が必要です。


以上です。




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate (WinAutomationを利用したフローの開発支援や、
Power Automate、Power Platformを活用した自動化・効率化支援、Power Automateを含むPower Automate Desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate Desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍(監修も掲載しております) ◆
中小企業経営者のためのRPA入門 RPA導入を成功させる方法
できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA
はじめてのPower Automate Desktop―無料のRPAではじめる業務自動化