「SHOの、kintoneをPower Automateでつないでみる」


Power Automateではkintoneとの接続コネクタが用意されています。


今回はkintoneのコネクタを利用してみます。


動作はシンプルにkintoneのタイムカードアプリによってレコードが追加されたときに、
Teamsに通知します。


通知する内容は以下の通りです。
 申請者名、出勤時刻、退勤時間、休憩時間
です。


動作させてみます。

kintoneのタイムカードアプリから


時刻を入力し、登録を行います。


レコードが登録されたタイミングで、Teamsへ通知されています。


思ったより簡単でした。。。

kintoneだけでも様々なアプリを作成できますが、
他のシステムと連携することで、もっと自由なシステム構築が可能ではないのでしょうか。

kintone → Power Automate → Power Automate Desktop
などの流れにすることで、デスクトップ上のアプリとの連携も可能になってくると思います。

お試しください。




株式会社 ASAHI Accounting Robot 研究所

ロボットはロボットの得意な業務をヒトはヒトにしかできない業務を。 」


ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate (WinAutomation)を利用したフローの開発支援や、
Power Automate、Power Platformを活用した自動化・効率化支援、Power Automateを含むPower Automate Desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。


お問い合わせはこちら
ブログ記事一覧

◇セミナー申込受付中です!◇
生産性向上DXセミナー
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー