「SHOの、kintoneをPower Automateでつないでみる」


Power Automateではkintoneとの接続コネクタが用意されています。


今回はkintoneのコネクタを利用してみます。


動作はシンプルにkintoneのタイムカードアプリによってレコードが追加されたときに、
Teamsに通知します。


通知する内容は以下の通りです。
 申請者名、出勤時刻、退勤時間、休憩時間
です。


動作させてみます。

kintoneのタイムカードアプリから


時刻を入力し、登録を行います。


レコードが登録されたタイミングで、Teamsへ通知されています。


思ったより簡単でした。。。

kintoneだけでも様々なアプリを作成できますが、
他のシステムと連携することで、もっと自由なシステム構築が可能ではないのでしょうか。

kintone → Power Automate → Power Automate Desktop
などの流れにすることで、デスクトップ上のアプリとの連携も可能になってくると思います。

お試しください。




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate (WinAutomationを利用したフローの開発支援や、
Power Automate、Power Platformを活用した自動化・効率化支援、Power Automateを含むPower Automate Desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate Desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍(監修も掲載しております) ◆
中小企業経営者のためのRPA入門 RPA導入を成功させる方法
できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA
はじめてのPower Automate Desktop―無料のRPAではじめる業務自動化