「SHOの、Power Automate Desktop March 2021 updatesを見てみる」


Power Automate Desktopの2021年3月のアップデートがリリースされました。
https://flow.microsoft.com/en-us/blog/power-automate-desktop-march-2021-updates/

新機能が追加されていますので、さっそく見てみます。

先月のアップデートから何回かアップデートされており、前回バージョンの画像が取れず比較できないものもありますが、お付き合いいただければと思います。

【共有アイテムからフローを表示、編集、実行可能になった】
有償ライセンスを持つ組織のユーザは「共有アイテム」から共有されているデスクトップフローを表示、編集、実行可能になりました。

【設定に項目が追加されました】
アプリケーションの設定項目が「設定」コンソールに追加されました。
・アプリケーションの自動起動
・ウィンドウを閉じてもアプリケーションを実行し続ける
・Windowsの通知を表示する
・ホットキーで実行中のフローを停止する

ホットキーでの実行停止は覚えておいて損はない機能ではないでしょうか?

【Power Automate DesktopからDataverseデータベースの作成が可能に】
ユーザが環境にDataverseデータベースを持っていない場合、Power Automate Desktopの「データベースの作成」から作成可能となりました。

【フローデザイナーの機能に追加と改善が行われました】

・デザイナのポップアップダイアログの背景に黒いオーバーレイが表示されるようになりました。

・「使用状況の検索」からUI要素の検索ができるようになりました。

・「最後のエラーを取得」アクションが追加されました
最後に発生したエラーの詳細を変数に格納します。WinAutomationであった機能ですが、ここで復活しました!

・「CyberArkからパスワードを取得」アクションが追加されました

・「マウスの移動」、「マウスクリックの送信」アクションに現在のカーソル位置座標を取得できるツールが実装されました。

・「フローを停止する」アクションでは、フローを「成功」で停止するか、「エラーメッセージの表示」で停止するか選択できるようになりました。

・「プロセスが次の場合」「サービスが次の場合」アクションでコンボボックスから選択できるようになりました

・「Windows環境変数を取得」アクションでコンボボックスから選択できるようになりました。

・「Webレコーダー」「デスクトップレコーダー」で「ウィンドウ内のテキストフィールドに入力する」アクション等で変数を利用できるようになりました。

アップデートを重ねるごとに使い勝手が格段にアップしています!
今後のさらなるパワーアップに期待です!

ぜひお試しください。




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate (WinAutomationを利用したフローの開発支援や、
Power Automate、Power Platformを活用した自動化・効率化支援、Power Automateを含むPower Automate Desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate Desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍(監修も掲載しております) ◆
中小企業経営者のためのRPA入門 RPA導入を成功させる方法
できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA
はじめてのPower Automate Desktop―無料のRPAではじめる業務自動化