「Power Automate Desktop で圧縮したZIPファイルをLhaplusで解凍すると文字化けする」T2 Labs


※ パスワード付きZIPファイルは、パスワードの解読ができるため、セキュリティとしてはあまり意味がありません。もし機密情報をパスワード付きZIPファイルで行っている場合は、対策を行ってください。 ※

 

タイトルの通りです。
Power Automate Desktop で圧縮したファイルをLhaplusで解凍(展開)すると文字化けが発生します。(他のソフトウェアでも発生するかもしれません)

お客様への資料送信を自動化したら、見れないと言われてしまったり、逆に自分が見ようと思ったら、見れなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。(弊社でも何度か問い合わせいただきました)
ファイルは正しく圧縮されていますので、Lhaplusを使用せず、Windows標準の方法で展開すれば正しく展開されます。
手順:エクスプローラーで開く→右クリック→すべて展開 または エクスプローラーで開く→ツールバー:圧縮フォルダーツール→全て展開

 

使い勝手や知名度から企業としてLhaplusを推奨しているケースもあると思いますが、Lhaplusは2017年5月が最終更新日となっており、また脆弱性の可能性も指摘されています。

「Lhaplus」定番の圧縮・解凍ソフト – 窓の杜 (impress.co.jp)

Windows の標準機能を使用するか、可能であれば、他ソフトウェアの使用を検討してください。
セキュリティ事情は毎日アップデートされていますので、気を付けましょう。

  

またメールでファイルを送信ではなく、クラウドストレージを使用したやり取りも可能です。
PPAP問題のように、セキュリティをかけたつもりが全く意味がなかったということを防ぐことができます。
ただし、これもアクセス権を正しく設定すればの話です。
なんとなくで、公開してしまってはTrello問題のようになる可能性もありますので、注意しましょう。




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate (WinAutomationを利用したフローの開発支援や、
Power Automate、Power Platformを活用した自動化・効率化支援、Power Automateを含むPower Automate Desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate Desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍(監修も掲載しております) ◆
中小企業経営者のためのRPA入門 RPA導入を成功させる方法
できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA
はじめてのPower Automate Desktop―無料のRPAではじめる業務自動化