「SHOの、Power Automate for desktop – April 2022 updateを見てみる(2022年4月アップデート)」


みなさまこんにちは。

株式会社ASAHI Accounting Robot 研究所 の SHOです。

先日、Power Automate for desktopの2022年4月のアップデートがリリースされました。

Power Automate for desktop – April 2022 update

https://powerautomate.microsoft.com/ja-jp/blog/power-automate-for-desktop-april-2022-update/

アップデート(インストーラー版 バージョン:2.19.139.22098)内容は以下の通りです。

・サンプルフローが追加され利用可能になりました。

・コンソール画面でクラウドまたはリージョンのピッカーがサポートされました。

・「ウィンドウの UI 要素の上にマウス ポインターを移動する」アクションの追加

・「Web ページ内のテキスト フィールドに入力する」アクションの機能アップ

・レコーダーのパフォーマンスの向上



詳細は次の通りです!




【サンプルフロー が追加され利用可能になりました】

コンソールで実行可能なデスクトップフローのサンプルが利用できるようになりました。

Excel 自動化、Web オートメーション、デスクトップ オートメーションが用意されています。

フローのイメージやアクションの使い方のイメージをしやすくなりますね!

【「ウィンドウの UI 要素の上にマウス ポインターを移動する」アクションの追加】

「ウィンドウの UI 要素の上にマウス ポインターを移動する」アクション が追加されました。このアクションを使うと指定したUI要素にマウスカーソルが移動します。Webの操作では「Web ページの要素にマウスをホバーします」がありましたが、今回のアクションの追加でデスクトップアプリケーションでもカバーできるようになりました。

【「Web ページ内のテキスト フィールドに入力する」アクションの機能アップ】

「Web ページ内のテキスト フィールドに入力する」アクションに「物理的にキー入力を行ってテキストを入力する」項目が追加されました。有効にすると、ユーザーのキーボード入力をまねる動作になります。いままで、JavaScriptを利用したテキスト入力でもできなかったテキストフィールドに対して、入力をできるようになりました。

【レコーダーのパフォーマンスの向上】

レコーダーのパフォーマンスが向上しました。代わりにレコーダーでドラッグアンドドロップの動作が記録できなくなっています。


【その他】

UI 要素取得時に、取得するUI 要素がWeb側なのか、それ以外なのかマークで判別できるようになってます!


以上、アップデート情報でした。




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate を利用したフローの導入・運用・開発支援、
Power AppsなどのPower Platformを活用した効率化・自動化支援、Power Automate for desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate for desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍 ◆

Power Automate for desktop(Power Automate Desktop)や RPA に関する書籍を出版、監修しております。