「SHOの、あさひ会計で働くロボット紹介シリーズ No.001 ~FAX送信ロボ~」


Robo研(※1)新人エンジニアのSHOです。
まだまだ勉強中の身ではありますが、よろしくお願いいたします。
(※1:株式会社ASAHI Accounting Robot 研究所)


このブログを通じて、
あさひ会計内で働いているロボットをご紹介させていただきます。


WinAutomation(RPAツール)を用いた事例を紹介することで、
WinAutomationの可能性とみなさまの業務自動化や業務効率化のきっかけと手助けになればと思います。


第1回目にご紹介させていただくのは、
「FAX送信ロボ」
です。

Chatwork(※2)から送信したメッセージ(電話番号、添付ファイル)をもとにを複合機からFAXを送信します。
(※2:ビジネスチャット→https://go.chatwork.com/ja/


ChatworkからFAX送信の指示をロボットに出せることで、在宅勤務であっても、
PCから、スマホから、FAXを送信することができます。
(わざわざ出勤しなくてよい!) 


送信の流れは
 ①人がChatworkから電話番号、送信するファイルをロボットに対し送信
 ②ロボットが受けた電話番号をインターネットで検索。検索結果を送信者に返却
 ③人がロボットの検索結果を確認
 ④正しい場合、再度Chatworkから電話番号をロボットに対して送信
 ⑤ロボットが添付ファイルをFAX送信
となります。



送信の際の役割を
 1号:添付ファイル受け取り、電話番号をインターネットで検索、依頼者に結果を返却
 2号:FAX送信
 人 :送信先の設定、ロボットの検索結果を確認
に分けることで、
情報漏洩につながる電話番号の入力間違えによる宛先の間違えを抑止しています。


RPAを使うことで、間違い防止にもつなげることもできます。
また、RPAでのロボットの為、用途に合わせてカスタマイズ可能です。


ロボットはロボットの得意な業務をヒトはヒトにしかできない業務を。


Robo研では、WinAutomationを利用したシナリオ(ロボット)の開発支援や、自動化・効率化対象業務選定の支援、開発担当者育成支援も行っております。
まずはあまり難しく考えず、「これロボットでできる?」とお気軽にご質問ください。
Robo研社員により、親切・丁寧にご回答させていただきます。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。


貴重な時間を割き、お読み下さいましてありがとうございました。