背景画像

RPA WinAutomation で出来ること

WinAutomation は想像し得るほとんどのPC作業を自動化する事が可能です。
時間のかかる繰り返しの作業を自動化してより多くの付加価値のある活動のための貴重な時間を確保することによっての仕事の質を向上させることができます。
WinAutomationは、システム間のデータ転送を含む単純な管理タスクから、複雑なビジネスプロセスやワークフローに至る作業まで、ほとんどのPC作業を自動化できます。デスクトップやWebアプリケーションとのやりとり、電子メールの送信、あらゆる種類の文書やフォルダの操作、画面上の画像の検索、FTP、データベース、MSOffice製品などの操作ができます。
winautomation画面
背景画像2
WinAutomationを使えば、職種にかかわらずPC上のどんな仕事でも自動化を簡単に実現できます。
最も使いやすく直感的なデザイン環境により、コンピューターのタスクを自動化します。 WinAutomationは初心者(プログラマー以外)にも習得が簡単で、上級ユーザー、プログラマー、そして開発者にも十分な制御と柔軟性を提供します。 ドラッグアンドドロップのユーザーインターフェイスを使用して最初から開発するか、Macro RecorderやWeb Recorderを使用して日々の活動に基づいてワークフローを自動化する事により、コードを1行も書かずにプロセスを構築できます。 専門的なプログラミングスキルや技術的なバックグラウンドを必要とせずに、プロセスを開発、構成、トラブルシューティング、およびテストが可能です。
winautomation利用画面
WinAutomation はユーザーのニーズに沿った自動化の管理、制御が可能です。
プロセスのプロパティ、およびセキュリティ設定など、自動化のすべての機能を単一のインタフェースで管理、確認、および制御できます。 WinAutomationを使用すると、組織のITガバナンスを確実に遵守しながら、作業スタイルに合わせてプロセスの実行をカスタマイズするための幅広いオプションを提供できます。 プロセスを並行して実行する(マルチタスク)や、Triggers / Scheduleを設定してバックグラウンドでプロセスを実行する事も可能です。 WinAutomationが無人モードでユーザーに代わって動作できるうえ、予期しないプロセスの動作をデバッグ、修正するためにログおよび例外処理機能も搭載しています。
winautomation動作画面

「デスクトップ型」のRPAソフト「Winautomation」は、インストールするだけでプログラミング不要でロボット開発ができ、低価格で手軽に導入しやすくなっています。

しかし、RPAは、導入したからと言ってすぐに効率化が図られるものではなく、導入後の運用を定着させ、社内に浸透させていくことで初めて効果が発揮されます。 ロボットの適切な管理をしないと「野良ロボット」の原因となってしましますので、対象プロセスが増大し、RPA環境の規模が大きくなりましたら、 「サーバー型」のRPAプラットフォームの「ProcessRobot」へ導入を切り替えることをお勧めします。 「ProcessRobot」はサーバー元的に管理を行うことが可能です。また、「Winautomation」で作成したプロセスをそのまま以降することができます。