「デスクトップ型」のRPAソフト「WinAutomation」は、インストールするだけでプログラミング不要でロボット開発ができ、低価格で手軽に導入しやすくなっています。

しかし、RPAは、導入したからと言ってすぐに効率化が図られるものではなく、導入後の運用を定着させ、社内に浸透させていくことで初めて効果が発揮されます。 ロボットの適切な管理をしないと「野良ロボット」の原因となってしまいますので、対象プロセスが増大し、RPA環境の規模が大きくなりましたら、 「サーバー型」のRPAプラットフォームの「ProcessRobot」へ導入を切り替えることをお勧めします。 「ProcessRobot」はロボット、プロセスを一元的に管理を行うことが可能です。また、「WinAutomation」で作成したプロセスをそのまま以降することができます。