「SHOの、Robinをインストールしてみた」


SHOです。少々、お付き合いいただければと存じます。

WinAutomationの後継であるPower Automate Desktop ではRPA言語である、Robinが使用されているようです。


ということで、Robinをインストールしてみます。

https://robin-language.org/
サイトにアクセスし、「GET STARTED」をクリック
Download Robin から 「Get Robin Now」をクリック。
ファイルがダウンロードされます。
ダウンロードした、exeファイルを起動します。
起動を待ちます。
「Next」をクリック
「Next」をクリック
「Next」をクリック
「Next」をクリック
インストールの完了を待ちます。
「Finish」をクリック
「Robin Editor」が起動されます。
同時に「Robin UI Spy」もインストールされます。
「Robin UI Spy」の画面になります。


インストールは非常に簡単です。

RPA言語とは?
簡単なのか?
WinAutomationとの違いは?

次回以降、触っていきたいと思います。




株式会社 ASAHI Accounting Robot 研究所

ロボットはロボットの得意な業務をヒトはヒトにしかできない業務を。 」


Robo研では、WinAutomationを利用したシナリオ(ロボット)の開発支援や、自動化・効率化対象業務選定の支援、開発担当者育成支援も行っております。
まずはあまり難しく考えず、「これロボットでできる?」とお気軽にご質問ください。
Robo研社員により、親切・丁寧にご回答させていただきます。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。


お問い合わせはこちら
ブログ記事一覧