「SHOの、Robinをインストールしてみた」


SHOです。少々、お付き合いいただければと存じます。

WinAutomationの後継であるPower Automate Desktop ではRPA言語である、Robinが使用されているようです。


ということで、Robinをインストールしてみます。

https://robin-language.org/
サイトにアクセスし、「GET STARTED」をクリック
Download Robin から 「Get Robin Now」をクリック。
ファイルがダウンロードされます。
ダウンロードした、exeファイルを起動します。
起動を待ちます。
「Next」をクリック
「Next」をクリック
「Next」をクリック
「Next」をクリック
インストールの完了を待ちます。
「Finish」をクリック
「Robin Editor」が起動されます。
同時に「Robin UI Spy」もインストールされます。
「Robin UI Spy」の画面になります。


インストールは非常に簡単です。

RPA言語とは?
簡単なのか?
WinAutomationとの違いは?

次回以降、触っていきたいと思います。




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate を利用したフローの導入・運用・開発支援、
Power AppsなどのPower Platformを活用した効率化・自動化支援、Power Automate for desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate for desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍 ◆

Power Automate for desktop(Power Automate Desktop)や RPA に関する書籍を出版、監修しております。