「SHOの、January 2021 updateを見てみる」


Power Automate Desktopがアップデートされました。

個人的に一番大きいと思うアップデートがこれです。

・Variable value viewers are available in the flow designer

デザイナーで変数の値が見れるようになった。

早速見てみます。

ExcelのデータをPower Automate Desktopで読み取ります。使用したデータは以下の通りです。



Power Automate Desktop では
「Excelの起動」アクションでExcelファイルを開き
「Excelワークシートから読み取り」アクションでセルの値を読み取ります。
「Excelを閉じる」アクションでExcelファイルを閉じます。


実行します。
実行後に「フロー変数」の参照したい変数名をダブルクリックします。

新しいWindowが表示され、Excelファイルから読み取った値が表示されました。

この機能により開発の際に処理の途中で変数の値を確認することができ、デバッグがしやすくなります。

ぜひお試しください。




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate (WinAutomationを利用したフローの開発支援や、
Power Automate、Power Platformを活用した自動化・効率化支援、Power Automateを含むPower Automate Desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate Desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍(監修も掲載しております) ◆
中小企業経営者のためのRPA入門 RPA導入を成功させる方法
できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA
はじめてのPower Automate Desktop―無料のRPAではじめる業務自動化