「SHOの、Power Automate Desktop July 2021 updateを見てみる」


みなさまこんにちは。
株式会社ASAHI Accounting Robot 研究所 の SHOです。


先日、Power Automate Desktopの2021年7月のアップデートがリリースされました。


Power Automate Desktop July 2021 update
https://flow.microsoft.com/ja-jp/blog/power-automate-desktop-july-2021-update/


アップデート(バージョン:2.11.51.21196)内容は以下の通りです。
・マシンのサイレント登録
・Windows プロキシ設定の自動検出
・フローから未使用の UI 要素や画像を削除する機能
・新しいアクション「UI 要素のスクリーンショットを撮る」の追加
・「datetimeをテキストに変換」アクションの改善
・「変数の設定」アクションが複数行のテキスト入力に対応
・その他




【フローから未使用の UI 要素や画像を削除する機能】

フロー内で使用されていない UI 要素と画像を、ワンクリックで削除することができるようになりました。

登録したUI要素や画像を整理するのに、一つずつチェックして削除、チェックして削除をする必要がなく、非常に便利になりました!


【新しいアクション「UI 要素のスクリーンショットを撮る」の追加】

ウィンドウ内の UI 要素を指定して、UI 要素のスクリーンショットを撮ることができます。スクリーンショットは、クリップボードまたはファイルとして保存することができます。

試しに以下のユーザーIDの入力欄のUI 要素のスクリーンショットを撮ってみました。

(ちょっと撮るところを間違えたかな。。。)
対象のUI 要素のみスクリーンショットを取得することができます!


【「datetimeをテキストに変換」アクションの改善】

選択されているdatetime形式のサンプルがどのように形になるのか表示されるようになりました。
出力の形がアクションを実行せずに確認できるため非常に便利です!

【「変数の設定」アクションが複数行のテキスト入力に対応】

まってました!WinAutomationでできていたことですがきました。待望の改善です!(うれしい!)
変数に複数行のテキストを設定できるようになりました。
これにより、メールの本文など複数行必要なテキストを設定することができます!

【その他】

・UI 要素 ペイン、画像 ペイン のレイアウト変更
・フローデザイナーの実行遅延のミリ秒指定方法の変更
・「MODI OCR エンジンを作成」アクションの削除


・サブフロー名の抑制


ぜひ、お試しください!




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate (WinAutomationを利用したフローの開発支援や、
Power Automate、Power Platformを活用した自動化・効率化支援、Power Automateを含むPower Automate Desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate Desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍(監修も掲載しております) ◆
中小企業経営者のためのRPA入門 RPA導入を成功させる方法
できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA
はじめてのPower Automate Desktop―無料のRPAではじめる業務自動化