[Power Automate for desktop]v2.18 に v2.17 以前のフローをコピーする方法 T2 Labs


こんにちは。花粉症で絶不調のT2です。

 

先日2022年3月のアップデート(2.18.146.22083)を行った所、2.17以前のフローの貼り付けが反応しなくなっていました
今回はその対処法をお伝えしたいと思います。

構文が変わった

今回の原因としては、ずばり構文が変更されてました。
これまではRobinのアクション構文をコピーすれば貼り付けできていましたが、今回からControlRepository要素を含んでいないと、1アクションのコピペも出来なくなっています。

※ Robinがなくなった今Robinという表現を使うべきかありますが、今回はこちらで呼称させていただきます

そこで、これまでのフローを貼り付ける場合の対処としては、下記の構文を末尾に付与してあげるだけで、コピーが出来るようになります。

 


# [ControlRepository][PowerAutomateDesktop]

{
  "ControlRepositorySymbols": [],
  "ImageRepositorySymbol": {
    "Name": "imgrepo",
    "ImportMetadata": {},
    "Repository": "{\r\n  \"Folders\": [],\r\n  \"Images\": [],\r\n  \"Version\": 1\r\n}"
  }
}

 

動画での操作はこんな感じです。

これで操作できるようになりますので、お困りの方は是非お試しください。

また出来ればテキストのコピペではなく、有償ライセンスをご検討いただけると諸々悩みもなくなりますので、お悩みの方は是非ロボ研にご相談ください!

 

なお、2.15以前の場合はメッセージボックスなど、一部のアクションの構文が変わってしまったので、素直にPADのバージョンアップを行うことをおすすめいたします。




 
ロボ研では、Microsoftパートナーとして、Power Automate を利用したフローの導入・運用・開発支援、
Power AppsなどのPower Platformを活用した効率化・自動化支援、Power Automate for desktop(RPA)の勉強会の開催を行っております。


お客様の業務効率化・生産性向上に向け、最大限のご支援をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

 

◆ Power Automate / Power Automate for desktop 向けサポートサイト ◆
Power Automate サポート ★一部無償でご覧いただけます★

 

◆ セミナー定期開催中◆
経営者のためのDXセミナー(仙台、山形)
事務スタッフが始める!自動化・デジタル化Webセミナー(オンライン)

 

◆ 過去の記事 ◆
ブログ記事一覧

 

◆ 書籍 ◆

Power Automate for desktop(Power Automate Desktop)や RPA に関する書籍を出版、監修しております。