ProcessRobot キービジュアル
ProcessRobot 背景
ProcessRobot アイコン

Process Robot で出来ること

「WinAutomation」の多様な機能はもちろん、野良ロボット、処理のバッティング、費用対効果など、RDA(デスクトップ型)での運用問題を改善します。
  • Powerful RPA
    圧倒的パフォーマンス性能
  • Intuive and Scalable
    直感的な操作性かつ柔軟な機能性
  • Reliable
    高い信頼性と高度のセキュリティ
  • Best-time-to value
    コスト以上の価値の創造

Process Robot の機能性

  • ProcessRobotのシームレス機能画像
    Microsoft、Google、IBMの各AIとシームレスに連携を行うことが可能です。※1
  • ProcessRobotの負荷分散機能画像
    ロードバランシング機能により、最適な負荷分散を図ることが可能です。※2
  • ProcessRobotの動画記録機能画像
    エラーが発生した瞬間の動画を記録でき、デバッグ効率を飛躍的に高めます。※3
  • ProcessRobotのダッシュボード機能画像
    ダッシュボード機能により、 人の手を介さずグラフィカルなレポートを作成することが可能です。
  • ProcessRobotのメンテナンス機能画像
    300を超えるアクションと、カスタムライブラリ機能により、圧倒的な生産性を実現しています。
  • ProcessRobotのプロセス移行機能画像
    WinAutomationで作成したプロセスをそのまま移行することが可能です。※4
  • ProcessRobotのパスワード管理機能画像
    パスワードなどの秘密情報を開発ユーザーには知らせず管理できる機能を有し、情報漏洩リスクを最小限に留めます。
  • ProcessRobotのシームレス連携機能画像
    Elasticsearch、Kibanaなどのサードパーティロギングシステムとシームレスな連携が可能です。
  • ProcessRobotの権限機能画像
    ロールによる権限設定により、きめ細やかで確実なアクセス制限を提供します。
  1. ※1 全ての機能を利用することは出来ません。詳細はお問い合わせください。
  2. ※2 事前に対象プロセスへの組み込みが必要です。
  3. ※3 動画の保存には、サーバーのHDD容量及びSQL Serverデータベース要領に十分な空きが必要です。
  4. ※4 ProcessRobotからWinAutomationへのコンバートは出来ません。
  • 直感的な作業を行える
    ダッシュボード機能
  • 安全なセキュリティー管理
ProcessRobotは、組織内の自動化に特化した新しい「部門」として機能します。
一般的な会社に生産部門と管理部門があるように、ProcessRobotにも管理コンポーネントと生産コンポーネントがあります。 違いは、生産側が人間ではなく仮想労働者(ロボット)を採用し、ProcessRobotが提供するCoEによって運営されていることです。 ユーザーから依頼された仕事をProcessRobotが管理、実行することで、ユーザーがより付加価値の高い活動に時間を費やし、 コアビジネスに集中することを可能とします。
ProcessRobot 概要
ProcessRobotは、さまざまなシステムやテクノロジーと連携させることが可能です。
ProcessRobotは、さまざまなクラウドサービスとシームレスな連携を図ることが可能です。 例えば、IBM、Microsoft、GoogleなどのAIプラットフォームとの連携により、顔認証や感情分析など、 より顧客満足度の高いサービスの提供が可能となります。また、TableauやKibanaなどのBIツールとの連携により、 さまざまなデータを可視化することができます。
ProcessRobot 連携図